2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひの散策組活動報告5/13・1日目

零半「ということで始まりました日野新選組まつり本番!今回で何回目だったっけ…覚えてるか玖号。」
玖号「記念すべき20回目だ零半号!!」
零半「おお!20回目!88888」
玖号「折角キリの良い20回目!
浅葱のだんだらを思わせる青い空に白い雲!!
きっと良い日になるぞー!!
…と思ったんだけどなぁ…」
零半「…まつり初日の今日は生憎の雨だ…どういうことだぁぁぁぁぁ!」


玖号「神様仏様弐号様ー!!
何度拝んだか…」
零半「弐号は明日のパレードに備えて晴らさなかった可能性もあるが…」
玖号「パレードで雨降るよりは良いか」
零半「そうだな…
ところで、今回俺らは遊撃部隊だったが何してたっけ。」
零半「そうだなぁ…
あ、そうそう、遊撃部隊(見回り)は確か…弐号をはじめとした俺こと零半と玖号と捌号だったか?」
玖号「そう、その四人で日野本陣界隈を回ろうって…で、弐号と壱号の愛馬を仕立ててな」
零半「確か…弐号の愛馬の名前が白馬の次郎丸で壱号が茶馬の太郎丸だった気がする!うん!多分そうだ!」
玖号「逆だ!半零号逆!!
茶色が太郎丸で弐号の愛馬、白が次郎丸で壱号の愛馬。
えらい可愛がりようでなぁ…」

零半「あっ…そうだった…orz…
あと確か不逞浪士のチャラ男がその弐号の愛馬を盗難したんだったな…」
玖号「そうそう!いやあれは絵面が面白かった」
玖号「雨の中での弐号vsチャラ男!!」
零半「あー…弐号殺気だってたな。」
玖号「激しい剣戟の中!!
…股間攻撃しちゃいかんだろ…弐号。
痛いぞー…あれは。」

零半「あれは痛い…敵ながら同情しか出来なかった…」
玖号「男性諸君はおわかりだろうあの激痛を…」
零半「チャラ男崩れ落ちてたしなぁ…」
玖号「おかげでおとなしくなったから捕縛できたんだけどな」
零半「あとはぜよか。」
玖号「ぜよはあれは自由な!!
神出鬼没というか
張り紙してたおかげか善良な方々からの報告で居場所はわかるんだけど…」
零半「気が付いたらいねぇし、捕まえても逃げられるし。」
玖号「あれなんだろな
僕ら捕まえたよな?」

零半「影でも薄いんじゃないのか?
もしくは妖術の類か?」
玖号「日野宿本陣に蕎麦屋の…
日野宿本陣に…

蕎麦屋の…
悠々と休憩して…グヌヌ…」
零半「許せんな…」
玖号「しかもなんだあの旨そうなの!!」
零半「腹が減ってきたぁ…」

玖号「旨そー…」
零半「今すぐいきてぇ…」
玖号「どうやらこれは屯所料理って言うらしいぞ」
零半「屯所料理?これは屯所では出されなかったぞ??」
玖号「いやいや違うんだよ
屯所は屯所でもとん(豚)しょ(薯)
薯は馬鈴薯…ジャガイモの事な」
零半「あぁ。そういうことか。なら納得だ。屯所だな。」
玖号「他にも提供している店舗があって、これぞれで趣向を凝らして居るらしいぞ」
零半「ほぉー。すごいな。」
玖号「全制覇と行きたいところだが、この屯所料理を頬張っている不逞の輩を捕まえねば!!
…と息巻いているんだがなぁ…」
例半「捕まえられん…」
玖号「去年捕まえたにもかかわらず…」
零半「…まさか…ぜよはぬらりひょん!?」
玖号「ぬらりひょん!!
ぬらりひょんじゃぁしょうが無いな…」
零半「そうだなぁ…
陰陽師でも呼ばない限りは無理だなぁ…」
玖号「また捕まえにゃならんのか。」

零半「またか…そういえばぜよは最近坂本から新しい武器を頼み込んで貰ったとかとかなんとか…」
玖号「…!?それは…種子島的な?」
零半「いや、それよりも短い短筒らしい。だが、まだ噂だからなぁ。」
玖号「要警戒だな…」
零半「主に明日、だな…
あとごわすは今日見かけなかったな…」
玖号「あ、いなかったなぁ…
潜伏中か?」
零半「多分そうだろうな。明日はぜよとごわすに要注意だな。」
玖号「後今日はぐっず頒布もしたぞ!!」

零半「結構出たなぁ…
あ、因みに今回も夜咄やったんだった。確か今回は新選組の声優が卵を演じるんだったか。(?)」
玖号「バッチの他にステッカーが初出し!竹の水筒も個数限定で出したけど即終了したとか。
あれは本陣に生えてる竹を間引いたときの竹を使っているようで、あまり量産は出来ないんだ」
零半「あとは交流館にあった『愛♡ひの』の缶バッチの小さい方がよく出たたな。(つっこんでくれよ玖号...)」
玖号「おっきい方じゃ無いんだな」
零半「多分あまり目立たないし、小さいから帽子とかにもつけやすいんだろう。」
玖号「帽子ね!!
いっぱい付ける方もいらっしゃるとか
その中で『愛♡ひの』が混ざってたらうれしいな。
ステッカーはどうだったんだろ。
あぁいったのって冷蔵庫とかに貼りたくなるんだよね…
マグネットシートに貼って綺麗に切り取ってペタッと。
皆さんもやってみてね☆」
零半「ね♪」
玖号「で、話戻すが…」
零半「おう」
玖号「本陣夜咄で朗読劇だったが、『新選組の声優が卵を演じた』じゃなくて『声優の卵が新選組を演じた』だ
卵演じてどうするよ」
零半「あー…スマンスマンw間違えたwぐ○たまでもあるまいしなw」
玖号「ぐでちゃ駄目だな
夜咄の時は僕は外に居たんだけどな
中見たかった」

玖号「準備の時にちらっと見たかな?
聞いてたけど演技力はたしかだったな
始まる前はお客様来るかドキドキしてたけど
引換券はあっという間に無くなって、後はキャンセル待ちとかありがたい」
零半「うれしい悲鳴だな。」
玖号「申し訳なく思いつつも沢山の方に来ていただけるのは嬉しい」
零半「しかし、生憎の雨だったからなぁ。」
玖号「皆様入れてあげたいが何分文化財。入れる人数は限られてる。
大変申し訳ない!」

零半「こんな感じで祭りは終わったな。」
玖号「あぁ、夜話の内容はあれだ、観ていただいたお客様の心の中に…
って終わってない!!終わってないぞ!!」
零半「確か「ネタバレ」というものになるから…え?」
玖号「明日もあるぞ!新選組パレード!!」
零半「あ…。あー。1日目終了だな。うん。」
玖号「って事で、日野新選組まつりは一日目終了!
いらっしゃるお客様の中ではパレードがメインのかたもいらっしゃるだろう」
零半「毎回面白いからなぁ…
ヒノノ○トンさんとか。」
玖号「今日決まった隊長さん方も楽しみだ」
零半「ここら辺で終わるか。」
玖号「そうだな!」
零半「それでは皆さんまた明日~♪」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hinosansakugumi.blog.fc2.com/tb.php/34-4a941836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hinosansakugumi

Author:hinosansakugumi
ひの散策組。日野宿応援隊より発足。
祭りの1日目、日野宿を浅葱色のだんだら隊服で散策しませんか?2015年5月より活動開始。Blog更新は主に零号です。※現在、散策組によるPR活動では、一般参加は受け付けておりません。日野宿応援隊の依頼を受けたボランティアが行っております※ #ひの散策組

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
日野グルメ (3)
散策組広報部隊 (4)
ひの散策組 (5)
日野宿界隈 (2)
業務連絡 (2)
日野宿応援隊 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。